不動産投資 知識編一覧

不動産投資で失敗する例!不動産業者に嫌われる9か条を知る(続き)!

もう来ないでほしい!不動産業者に大不評の不動産投資かとは?あなたもズバリ!当てはまっていませんか?嫌われるということは、仕事の内容にも影響しますし、ビジネスチャンスも逃すことに!これは一大事ということになろうかと思います。あなたも徹底的に嫌われるタイプではないか?気を付けてみましょう!

不動産投資で失敗しないために!業者に嫌われる9か条を知っておく!

不動産業者に嫌われる9か条とは?!不動産投資は多くの人の手を経なくてはなりません。これが分かっていても、業者さんの若手の社員さんとか来るとついつい『説教和尚(おしょう)』になってしまっていませんか?人の輪が必要なのに、次々と嫌われていては困ります。どういう風に考えたらよいか?気になる人はチェック!

不動産契約時の重要事項説明書について。初めての不動産契約のために

契約場面の雰囲気にドキドキ!やはり大きなお金が動く契約場面となると、かなり神経も使う感じというところ。書き損じをすると後々面倒になりますし、複写の書類となると2枚目以降にキチンと写らないといけません。初めてのことだらけで、結構疲れることも自覚したりします。ですが、これが終われば不動産オーナーです♪頑張りましょう!

重要事項調査報告書とは?不動産投資のトラブルを大家が防ぐために

ぜひ気を付けたい!中古マンションには、重要事項調査報告書が必ずあります。これは、マンションの経年変化が一目でわかる大切なもので、病院で言えば医師が書くカルテのようなものと考えてよいでしょう。中古マンションを購入する際は、重要事項調査報告書をぜひ参照して経緯をつかむことが大切です。詳しくは内容をチェック!

築浅物件のメリットとは?入居者がすぐ決まれば最高の空室対策となる!

必見です!大家業の大敵は空室リスクなのですが、空室リスクは部屋の魅力があれば、何とか克服できるものなのです。バブル期以降『マンション革命』と呼ばれる時期を経まして、マンションは一段と進化を遂げました。そして、最終型に進化しようとしているところなのです。「手ごろだから」と適当な物件選びをすべきではないのです!