不動産投資で失敗しないために!業者に嫌われる9か条を知っておく!

「悪徳不動産業にご注意!」なんて記事を見かけると思います。

「これは、ひっかってはいけないな」と思い、心して読むわけです。

ところが、不動産業からも「こういう大家はとにかく嫌だ!」

そういうタイプの大家もあるようですね。

結果的には、煙たがられて良い物件は紹介してもらえないわ、管理は手薄になるわ…

あまり良いことがないわけですね。

下に9か条をまとめてみたのですがこれ、大家業に限らず嫌われる9か条のような気がします。

社会人として、これはダメだろう、ということをしていたら、トクにならないよという感じではないかと思います。

自分も思い当たることが、多々ある気がします。

ぜひ参考になさってください。

・すぐに自慢する

大家さんは、自分の努力にてアパート・マンションの所有者になっていますので、ついつい自慢話っぽくなります。

自分では、自慢しているつもりがなくとも、そう聞こえてしまえば仕方がないのですね。

聞かせる相手が不動産店の営業マンだったりします。

彼らは大抵、自分でアパートとかマンションとか持っていないのですね。

そこで、自慢話っぽくやられると、なんともいい感じがしないわけですね。

多くの人は、相続のおかげでオーナーになっていたりします。

すると、名家自慢、物持ち自慢みたいになり、極めてたちの悪い感じで取られがちなのです。

これが好かれない原因になります。

やはり、持てる者は少し控えめぐらいが良いのではないかと考えますが…

・いろいろとケチである。

私の記事ですと、ここに書いてあるのですが、大家さんが一代で、裸一貫から大きくなった人ですと、初期は相当倹約されているはずです。

厳しい言い方になりますが、ケチを極めて資産家になった、と極言して過言ではないと思います。

ケチと一言で言っても、倹約の一種みたいな美徳に近いものと、とにかく人間が「ちっちゃい」ことだけ感じる残念なケチとがあります。

大家になっている人が200円の収入印紙代を出したくない…これは恥ずかしいケチと言えると思います。

ケチでも「自分の利益しか考えていない」先鋭化したケチは、害悪に近いと恥じるべきでしょう。

・説教っぽくて困らせる

大家業もある程度、人生経験が多いものですから、若い人にはついつい説教っぽくなってしまいます。

それも無理からぬ話ではありますが、やはり何だかありがたくない話に取られていませんか?

不動産業者さんも人の子ですし、あまり面倒な人は困る、となりかねません。

また、業者を下請け感覚で扱っているなども良くない状況だと思います。

「ワシが資金を出してやっているのだから…」そういうスタンスが良くないのです。

見下した感じでは、やはり好かれないのです。

不動産業者さんを「ビジネスのパートナーである」という認識を持ちましょう。

・業者を下請け扱いにしている

上の記事の発展になる感じですが、不動産業者の営業マンは20代、30代が多く、どうしても頼りなく見えると思います。

これは、リフォーム業者ほか、関連会社にたいしても同じことでして、自分中心なのです。

専門職で、そればかりやっている「彼らのほうがよく知っている」ことが少なくないのです。

せめて、横並びの『取引先』くらいのイメージで付き合うようにしましょう。

・何でも業者のせいにする

このあたりを書いていますと、関連会社の若手の人の悲鳴が聞こえてきそうな気がします。

家賃の滞納者が出た場合「○○不動産の客付けだったな!」と業者の責任っぽくなります。

業者も必死で入居者を入れますが、入れるか入れないかは、最終的には大家さんが判断をしていると思います。

都合が悪いことが起きたら、それは業者のせい、では業者も浮かばれません。

(この項目は、思わず長くなってしまいましたので、つぎの項に分けて書きます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする