不動産の仲介業者でおすすめは?客付けの上手な仲介業者を見極める

満室経営が上手に進行するには、やはり仲介業者が客付けに長けており、入居率をアップしてくれることに尽きると思うのです。

入居者募集を積極的に行ってくれて、入居者を早期に決定し、満室が継続することが不動産・マンション投資の中心になるのです。

仲介不動産業者が、物件のメンテナンス(維持・管理)を請け負った管理会社と上手く連携し、満室をサポートして欲しいわけですね。

・仲介業者は必ずしも大手でなくて良い

結論から言えば、仲介業者は大手であれば、安心というものでもないのです。

積極的に入居活動を行える営業力、優秀な人材がそろっていること、そして入居希望者に信頼されることです。

『良い仲介業者』の条件としては、地元の地域特性をつかみ、入居者の希望や不動産の流通などに詳しいことがあげられるでしょう。

そして、近年大切なことは常に情報交換を怠りなく、あれこれの情報を多く持っていることが必要です。

・良い業者は、物件を知り、入居希望者も知る

客付け不動産の優秀さとは、単にセールストークが巧みである、と言うことではありません。

セールスの成績は良いが、クレームも大変な数を引き連れてくる…

こういう営業マンは、短期的には成果が上がるとはいえ、長期的には困難な局面が必ず来ます。

ユーザーを説得するにせよ、妥協できる点・できない点を巧みに見破り、適当な物件に導けることが重要なのです。

物件にも詳しくなくてはダメですが、ユーザー心理も見られないと、上手な客付けが難しいと思います。

・できる営業マンの違うところとは

客付けが上手い営業マンともなれば、内覧の前日に少し物件を見に行ったりすることもあるようです。

先輩・後輩などから「こんな物件で」「こういうところがちょっと良くなくて」と情報を受けるのは当たり前。

ある程度、下見をしたりしてイメージを作って、入居希望者を誘導すると言います。

資料についても、かなりすみずみの細かい点まで熟知しており、望みがあればデータも提示できるのです。

そして、彼らが実力を思う存分発揮できるように、オーナーは全力でサポートしてあげなくてはなりません。

・オーナーの後押しで客付け業者も輝く

単純に、謝礼や報奨金を準備するとかではありません。

(会社によっては、謝礼は社内風紀の乱れを発生させるとして、禁止にしているところもあるようです)

入居者のための情報を整理して提供したり、現地案内の手助けをしてあげたり。

豊富な情報の中から、入居者に可能なだけの提供をして、広報・宣伝の後に入居に持ち込むことが彼らの使命です。

なので、彼らが有能な能力をいかんなく発揮して、存分な成果をあげられるよう手伝っていく、というスタンスが求められていると思うのです。


かれらが店内展示する資料について、詳しくまとめて提供してあげるとか。

周辺にある同種のアパート・賃貸マンションの入居者にポスティングするための資料を整理してあげるとか。

客付けの上手い業者さんでも、大家さんのサポートのお陰で心強く営業活動ができるのではないでしょうか?

・仲介業者同士の談合などには注意する

入居について、広告の制作費などを除いた場合、純粋な仲介手数料は家賃の1ヶ月分程度というのは、宅建業法にて決められていることです。

ここで「もう少し、手数料を増やしてくれれば…」という申し出には、ちょっと警戒もしなくてはなりません。

けっこう やり手の営業マンほど、客の心理をつかむことも上手だったりします。

最初は、かなり良い!と思っても、だんだん慣れて信用するようになると、徐々に本領を発揮してきたりするパターンもあり、注意を要します。

あまり不熱心な業者だと思った場合は、業者変更も視野に入れることが必要です。

客付けが上手くいかない場合は、自分への反省も込めてですが、業者と話し合いを持つことなども役立つことがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする